お得意さんとの話

お得意さんとの話 

 

今日は、国内事情について書きたいと思います。

 

先日、あるお得意さんより聴いた話ですが、

 

大手企業が、職人確保に動いてるらしいです。

 

工場の海外シフトが進む中、

 

「責めて、自社の研究開発部門だけは、残さなければ」 

 

という思いかららしいです。

 

 

産業の空洞化とは、工場の空洞化だけではなく、

 

技術の伝承が止まることによる、

 

職人の技術の低下も見逃してはいけないと思います。 

 

 

中国に発注すれば、経費を全て差し引いても、日本で作る10分の1 

 

で出来るそうです。

 

東南アジアならそれ以下で出来るらしいです。

 

これでは、価格競争で勝ち目はありません。 

 

 

その上、最新鋭の、日本の工作機械もどんどん売り込まれているようです。

 

 

 この先、日本はどうなるのだろう。

■「技術伝承」について

西尾鉄工所三代目が語る!

    紹介動画

映像製作フクダスタジオ

電子書籍出版しました!

       2016.5.5

リンク

ブログリンク

セーパーの加工