ほんとうの指導者

柔道日本代表女子選手らに対する暴力問題が、最近よく報道されてます。

 

あってはならないことは言うまでもありませんが、

 

なぜ指導者が選手にそのようなことをするのでしょうか。

 

 

私は以前、自分がお世話になっている道場(剣道)の指導員を

 

させていただいてました(おもに小中学生の指導)。

 

その時、先生より、

 

「子供を怒鳴ったり、いかくするようなことはしてはいけない」

 

「子供は自分よりすぐれた人であると思って接しなさい」

 

と言われました。

 

このような言葉は、一見、指導方法のように思われますが、

 

実は、自分の稽古(成長)のためでもあるのです。

 

つまり、指導とは、人を指導するだけではなく

 

自分のためでもあるということです。

 


私が、他の道場に出稽古に行った時の事です。

 

すごく貴重なことを指南していただいたので、

 

いつもより丁寧にお礼を言いました。するとその先生は、

 

「そんなに丁寧に言わなくてもいいよ。私はこれまで、

 

何一つ自分であみだしたものはない。

 

全て先輩先生方から教わった事を伝えてるだけだから。」

 

とおっしゃいました。

 

その先生は教士七段です。私はすごい先生だと思いました。

 

 

また、自分の人生の師と思ってる人に聴いた話ですが、

 

ある範士八段の先生が、高齢のため生まれ育った山奥に

 

引っ越されたそうです。すると指導を受けたいという人が

 

後をたたなかったらしいです。

 


このように、自分は偉いんだと言うのではなく、

 

他の人から慕(した)われる、または尊敬されるのが

 

本当の指導者ではないでしょうか。

■「技術伝承」について

西尾鉄工所三代目が語る!

    紹介動画

映像製作フクダスタジオ

電子書籍出版しました!

       2016.5.5

リンク

ブログリンク

セーパーの加工