2013年

3月

06日

わたしのアンプ



今回は、アンプについて書かせてもらいます。

(音声を増幅するボリュームの付いてる機器です)

 

A-X5  70wx70w(Victor)

 

このアンプを買いにいった時、店ですごくいい音が流れてたので、

店員さんに聞くと、私が買おうと決めていたアンプ+10,000円とのこと。

即決で決めました。

聴いた瞬間これだと思いました。

 

「ニュークラスA」

 

という純A級動作ではないのですが、スイッチング歪0です。

簡単に言うと、音の立ち上がりが鋭いです。このアンプを一言でいうと、

 

「ボーカルアンプ」

 

でしょうか。ボーカルが中央で浮き出て、その後ろで楽器が鳴ります。

後に、Technics のワーブルトーン発振器 SH-8000で測定したところ、

2KHzを中心に約2デシベルくらい盛り上がってました。

メーカーの色づけだと思います。

私が知る限り、Victorアンプ共通のものでしょう。

好みの分かれるところです。

 

この価格帯のものでは、珍しく、シンバルの音の違いが再生できます

 

 特筆すべき点だと思います。

 

欠点は、低音の力不足とMCヘットアンプの貧弱なことです。

 

このアンプと同時にレコードプレヤーとメインスピーカーを買いました。

これでレコードの音は聞けます。

(以前、横長ステレオからスピーカーを分離した、

 真空管ステレオは調子が悪くなってたので)

 

メインスピーカーのエピソードは後ほどに

 

■「技術伝承」について

西尾鉄工所三代目が語る!

    紹介動画

映像製作フクダスタジオ

電子書籍出版しました!

       2016.5.5

リンク

ブログリンク

セーパーの加工