通称ペンチレース 便利です!

 

     〇数物も加工します

 
 うちにあるのは、汎用機械ばかりですが、

 

数物も加工します。

 

 これは、高松の小形面取り旋盤(通称ペンチレース)で

 

す。

 

エンドミルをコレットチャックにくわえての加工です。

 

 一工程目は他社で加工し、二次加工を注文頂きました。

 

同じ形状で、SS400が1000個、SUS304が2000個合計3000個です。

 

 

 この機械、応用範囲が広く、すごく便利です。

 

通常は、コレットチャックを使いますが、4インチと5インチのチャックも

 

付けれるようにしてます。

 

 回転数は、850rpm・1350rpm・2000rpmの三段変速ですが、

 

インバーターを付けてますので回転は自由に変えれます。

 

 今回は、Φ20ハイスのエンドミルですが問題なく加工できます。

 


 ちなみに、うちにある全ての機械にインバーターを付けてます。

 

各機械とも、モーターを任意の回転に制御できるので、

 

能率や仕上げ面向上に重宝してます。

 

 初めてインバーターを付けたのは、今から25年ほど前なので、今と比べれば、

 

凄く高価でした。

 

最近のはすごく低価格で性能がいいです。

 

 

 

 

 

■「技術伝承」について

西尾鉄工所三代目が語る!

    紹介動画

映像製作フクダスタジオ

電子書籍出版しました!

       2016.5.5

リンク

ブログリンク

セーパーの加工