反省

      〇反省

 


リピートを頂き、個数も増えたので、能率を上げようと、

 

ペンチレースのコレットチャックを買いました。

 

フェイスブックにも載せてます。

 

対辺13mmの六角です。

 

使ってみると0.08振ってます。

 

いろいろ確認しましたが、このコレット単体が原因と判明。

 

工具屋さんに連絡すると、

 

「メーカーは振れ規格0.1から0.3です。」

 

とのこと。

 

マルの場合は、0.01ほどの振れで、いつも出てたので、高松を信用してましたが、

 

六角や四角は、これほどあまいとは!

 

ネットで規格を調べると、やはりマルに比べてかなりゆるいですね。


仕方なく、以前のように、

 

三ツ爪チャックで加工しました。

 

よく調べてからにすればよかったと反省してます。

 

私が、シェーパーで、マル材の真ん中に

 

六角や四角を加工(突くといいます)しても、それほど振れ

 

ないのに、

 

なぜそんなに振れるのか不思議です。

 

 

せっかく買ったコレットなので、手の空いたときに、

 

修正して使えるようにするつもりです。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    マキノ (土曜日, 03 8月 2013 09:34)

    お久しぶりです
    うちにも高松のペンチレースあります、バリ擦りに使っているくらいですが
    f(^-^)六角も持ってます、、精度があまり出ないのですか?それは困りますね
    うちターレット旋盤を入れたのですよ…使い方殆ど分かりませんハハ
    がんばってものにしてみます

  • #2

    鉄職人 (土曜日, 03 8月 2013 12:18)

    マキノさま
    コメントありがとうございます。
    うちのも高松のペンチレースです。便利ですよね。数物やってる所でもほとんど置いてますね。
     コレットの振れ、六角の規格がゆるいので仕方ないです。修正して使えるようにします。丸は0.01程度で、問題なく使ってます。
     ターレット旋盤! いいですね。僕は、NC機より汎用機に興味があるので、よろしければ、マキノさんの工場見学かねて、見せてください。

■「技術伝承」について

西尾鉄工所三代目が語る!

    紹介動画

映像製作フクダスタジオ

電子書籍出版しました!

       2016.5.5

リンク

ブログリンク

セーパーの加工