新しい仕事?

        ○新しい仕事?

 

 少し前から、某工具メーカーさんに、

新製品の切削テストを依頼されてます。

もちろん、汎用旋盤の工具です。

 

最近の工具は、NC機での使用を前提に作られたものが

ほとんどですので、汎用機では使いづらいです。

そのあたりも、きっちりアピールしておきました。

 

 

 

 今回メーカーさんが持ってきたバイト、

なんか前回私が見せてあげたバイトそっくりなんですけど・・・

 

まあいいか~

 

 

その他、汎用旋盤を使ってきた経験からの意見をお話させてもらいました。

 

 

 

確か

「お礼に、ビールでも持ってきます」

と言ってたはずですが・・・

 

 

まあいいか~

 

 

 

 

 メーカーさんの話でも、汎用旋盤使ってるところ、どんどん少なくなって

きてるようです。工場には、あるものの使える人がいないので、

ほこりをかぶってるとこが多いようです。

そんな状態で、汎用旋盤の工具発売して採算合うのか聞いてみると、

「隙間商品を狙ってます」

とのこと。

ここは、私の考え方と同じです。メジャー路線は性に合いません。ww

 

 

 

汎用機は、使う側がいろいろと細工したり、ちょっとした工夫やテクニック

を使って工具を使うことをメーカーさんに伝えました。

私としても、汎用旋盤の工具もNC機の工具のようのように、

どんどん進歩してほしいですから。

逆に、汎用機の工具の進歩があるから、NC機の工具の進歩があると

思ってますので。

 

今後も、依頼があれば、協力させてもらうつもりです。

メーカーさん遠慮なく言ってください。

 

お気遣いなさらづに!!!

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    D (水曜日, 30 9月 2015 22:14)

    >使う側がいろいろと細工したり、ちょっとした工夫やテクニック
    この辺に人それぞれの色が出るから、万人向けの商品化、量産段階までいかないこと多いんですよね。

  • #2

    鉄職人 (水曜日, 30 9月 2015 22:53)

    Dさん
    コメントありがとうございます。
    そうですね。汎用機使っている人はそれぞれ色がありますものね。
    また、何かありましたら言ってください。

■「技術伝承」について

西尾鉄工所三代目が語る!

    紹介動画

映像製作フクダスタジオ

電子書籍出版しました!

       2016.5.5

リンク

ブログリンク

セーパーの加工