オーディオアンプ修理

      ○オーディオアンプ修理  



こんにちは


久々のオーディオねたです。


最近、プリメインアンプ A-X5  70wx70w(Victor)の調子が悪いです。


だましだまし使ってましたが、そろそろ限界です。


自分で修理することにしました。




症状は、



・メインボリュームのガリ


・Phono入力での音質悪化


・高域の低下




といったものです。


買って35年ほどになりますので、よく頑張ってくれています。


買ったのは、高校生の頃だったと思います。


このアンプスピーカーレコードプレーヤーを一度に買いました。


全てまだ現役です。私のからだ共々老朽化してますがwww


私にとっては、年齢的にも、すごい金額でしたので、数年間計画を立てて


やっとのことで購入できました。どうしてもほしかったので奮発しました。





私は、物を捨てることに抵抗がありますので、修理して


使える物ならば出来れば使いたいと考えるほうです。


ものを作るのに携わった方の気持ちや、これまで使ってきた愛着があり、


なかなか捨てる気にはなれません。


とは言っても、今回はアンプ


電気的な知識は私にはありませんので、


接点関係の、清掃やメインテナンス位しか出来ません。


今回の症状は、ほぼこれが原因だと思いますので


思い切って修理してみることにしました。


コンデンサーの悪化などには対応できません。


ふたを開けて中の状態です。


ほこりがいっぱいです。


ラックの中に入れていてもこうなるのですね。


中を見るのは初めてです。






接点関係の部品は、



・可変抵抗器(ボリューム)が4個


・スピーカ保護リレーが1個


・スイッチ類が15個


・スピーカーケーブルやRCAジャックをつなぐ端子が25個


数えると先が思いやられます。

 

とにかく、オーディオ用の接点洗浄剤接点復活剤


をネットで注文し、

 

半田吸取り線はホームセンターで購入しました。


 

さて、素人修理どうなることやら・・・

■「技術伝承」について

西尾鉄工所三代目が語る!

    紹介動画

映像製作フクダスタジオ

電子書籍出版しました!

       2016.5.5

リンク

ブログリンク

セーパーの加工