汎用旋盤 加工

    ○汎用旋盤 加工


こんにちは

 

今回は、当社加工部門の宣伝です。

 

技術伝承部門はこちらをどうぞ。技術伝承部門


当社が最も得意とするのは、

 

 

「総合的技術力を使った提案型町工場」

 

 

です。

 

 

図面通りに加工するだけではなく、ちょっとした改良や、

 

時には、材質変更も含めた提案をさせて頂くこともあります。

 

もともと金型屋であったことや、工作機械のメーカーに

 

勤めていた経験から、材質、機械構造の面より提案させて頂きます。

 

 

 

 

当社よりさせて頂いた提案によりお取引様に

 

喜んでいて頂いた事例がたくさんあります。

 

小さなことでは、

 

ねじのヌスミを入れてよければ価格が下がります、とかです。

 

 

 

 

 

あと、当社に部品加工を発注すれば、組み立て時間が短縮された

 

と言って頂いた例もあります。

 

 

 


今まで発注していたところが高齢でやめてしまい、どのように

 

加工していたか解らず困っていると言った例では、昔の職人技が必要な

 

場合がほとんどで、親父より受け継いだ技が生かされるところです。

 

 

 

 

 

また、今ではあまり使われなくなった四ツ爪での加工もさせて頂きます。

 

この場合は、芯の出し方が重要になってきます。

 

金型屋の技術が生かされます。

 

 

 



数量が多い場合は、NC機が有利とは限りません。

 

ペンチレースと汎用旋盤でうまく工程を分けて加工することにより、

 

汎用機の方が有利なこともあります。

 

 

 

 

NC機では、端面に加工がある軸物は別工程となることが多いため

 

よく当社に注文頂きます。

 

 

 

 


チャッキングした時に、チャックより後ろに長く出てしまう軸物は、

 

そのままのチャッキングでは、品物が回転により振られて曲がって

 

しまいます。工夫が必要な加工で、実績の多い品物です。

 

 

 


市販のチップでは対応できない加工も、グラインダーでバイトを

 

砥いでいますのでお申し付けください。

 

 

 

 


当社の場合は、最新の技術ではなく、親父より受け継いだ技や、

 

今までの経験を生かした職人技の加工を得意としています。


当社の様子にまとめていますので、参考にして下さい。


当社の様子


 

 

 

■「技術伝承」について

西尾鉄工所三代目が語る!

    紹介動画

映像製作フクダスタジオ

電子書籍出版しました!

       2016.5.5

リンク

ブログリンク

セーパーの加工